Webデザイナーのフリーランスの年収とは?平均や単価相場を解説

LINE限定の最新お役立ち情報配信中!

【実際のLINEトーク画面】

 \例:個人でも利用できる補助金の情報/   \例:期日系のリマインドも!/

LINE登録1万超!3秒で登録はこちら↓↓

Webデザイナーのフリーランスとして活躍している人は、近年増加中です。これからWebデザイナーとしての生活を成り立たせるには、事前に平均年収について知ることが1つのポイントです。本記事ではWebデザイナーの平均年収や単価相場、年収アップの方法などを解説します。

やっぷん
  • フリーランスでWebデザイナーとして働く人は増えつつあって、需要もどんどん高まっているよ!
  • だけど、それだけ競争が激しいから、ライバルと差をつけられるようにスキルを日々磨いておくようにしようね!
  • スキルだけでなく、仕事の単価を確認したり、仕事の計画もしっかりと立てておこうね!

LINEであなたに合った補助金を診断!

  1. 【今すぐあなたの事業種別・業歴・業種に合った補助金が分かる
  2. 希望する方には補助金の専門家との無料相談をご案内!

\登録者1万人超、5秒でLINE登録!/

LINEで補助金個別診断!!

  1. 【今すぐ】あなたの事業に合った補助金が分かる
  2. 希望者には補助金の専門家との無料相談をご案内!

\登録者1万人超5秒でLINE登録!/

目次

Webデザイナーとはどんな職業?

Webデザイナーのフリーランスを目指す際には、まずWebデザイナーという職業を正確に理解する必要があります。以下では、Webデザイナーの基本的な仕事内容について解説します。

Webデザイナーの仕事内容は一般的にWebサイトのデザインを担当

Webデザイナーとは、クライアントの要望に合わせてWebサイトのデザインを担当する職業です。ただWebサイトのデザインを考案するだけでなく、クライアントも気づいていない潜在的なニーズを引き出したり、斬新なアイデアを提示して興味を引いたりすることが仕事です。

フリーランスのWebデザイナーとして活躍を目指すのなら、Webデザインにおける全工程を、自分で担当できるように努力する必要があります。

【補足】未経験でもWebデザイナーのフリーランスを目指せる!

未経験からでも、Webデザイナーのフリーランスになることは可能です。しかし、経験者とは違って大きな案件を請け負えないため、年収が低くなる可能性が高いです。

スクールに通う、就職して実績を重ねるなど、事前にさまざまな準備を整えておくのがポイントです。

Webデザイナーの将来性について

フリーランスのWebデザイナーを目指すのなら、職業としての将来性もチェックしておくと良いでしょう。以下では、Webデザイナーの今後の将来性について解説します。

Webデザイナーは将来性のある職業の1つ

Webデザイナーの需要は高く、今後も多くの仕事を獲得できる可能性があります。Web業界での案件数は増加しているため、高いスキルを持つWebデザイナーは重宝されます。個人で活躍しやすい職業でもあるため、フリーランスとしての地盤を作りやすい点も特徴です。

フリーランスWebデザイナーの平均年収は?

フリーランスのWebデザイナーを目指す際には、業界事情を知るために平均年収を確認しておくことがポイントです。以下では、フリーランスのWebデザイナーの平均年収についての詳細を解説します。

年収は200〜600万円と幅がある

「フリーランス白書2019」の調査によると、Webデザイナーが含まれる「IT・エンジニア系」の年収は「200〜400万」と「400万〜600万」が多くを占めています。200〜600万円と幅が広い点が、フリーランスのWebデザイナーの年収の特徴です。

年収は働き方次第で大きく変わる

フリーランスWebデザイナーの年収は、働き方次第で大きく変わります。会社に所属する場合と異なり、仕事が多いほどそれだけ収入も増えます。同時に単価が高い案件を得られるように工夫すれば、個人でも平均を超える年収を実現可能です。

フリーランスWebデザイナーが請け負う案件の単価相場

フリーランスWebデザイナーの年収と合わせて、請け負う案件の単価相場をチェックすることも重要です。以下では、フリーランスWebデザイナーの単価相場の詳細を解説します。

50〜100万円/月程度の単価相場となっている

フリーランスWebデザイナーが請け負う案件の単価相場は、50〜100万円/月程度となっています。高単価の案件であれば、100万円以上のものも存在します。一方で、実績やスキルが少ない場合には、10万円/月程度の案件から始める必要があります。自分が対応できる業務内容を明確にして、応募が考えられる案件の相場をチェックしてみると良いでしょう。

Webデザイナーのフリーランスとして働く際のコツ

Webデザイナーのフリーランスとして仕事をしていくには、いくつかのコツがあります。以下を参考に、Webデザイナーのフリーランスとして働いていくコツを確認してみてください。

Web業界のニーズを把握してスキルを磨く

Webデザイナーとして案件を獲得していくには、Web業界のニーズを把握してスキルを磨くのがコツです。ニーズのある人材としてアピールできれば、多くのクライアントと縁ができ、仕事につながっていく可能性が高まります。

最新情報・トレンドの確認を欠かさない

Web業界にも、他業界と同様にさまざまなトレンドがあります。Webデザイナーは敏感に流行の変化を確認し、柔軟に対応できるように備える必要があります。

同じ業務を対応し続けるのではなく、自分が担当できる領域を広げていけるように努力することもコツの1つです。

個人事業主/フリーランスの悩みって?

  1. 4業種600人に大調査!悩み1位は「XXXX」…?!
  2. 自分と他のフリーランスの違いを知ろう!
  3. 解決策も説明します!全25ページの資料!

\5秒でLINE登録▶︎資料を見る!/

個人事業主/フリーランス

の悩みって?

  1. 4業種600人に大調査!悩み1位は「XXXX」…?!
  2. 解決策も説明!全25ページ

5秒でLINE登録!/

Webデザイナーのフリーランスとして働く際の注意点

Webデザイナーのフリーランスとして働く際には、注意すべき点もいくつかあります。以下では、Webデザイナーのフリーランスとして働く際の注意点を紹介します。

収入が不安定な時期があることを理解する

Webデザイナーに限らず、フリーランスは収入が不安定になりやすい働き方です。まとまった収入が確保できない時期があることを理解し、事前に貯蓄や借入などで対策する必要があります。収入が増えたからと安易に生活レベルを引き上げると、仕事がない時期に金銭的な問題を抱える可能性もあるため注意が必要です。

フリーランスとしての将来のビジョンを明確にする

フリーランスとしての将来のビジョンを明確にしておくことも、Webデザイナーとして働く際には重要なプロセスです。ただ目の前の仕事をこなすだけでなく、将来どんなWebデザイナーになりたいのか、どんな働き方をしたいのかを考えて目標を設定します。目標があると自分が何をすべきか分かってくるため、成長のきっかけを作れます。

Webデザイナーのフリーランスの年収アップにつながる要素

Webデザイナーのフリーランスとして年収アップを狙う際には、関連する要素を把握することがポイントです。以下では、Webデザイナーのフリーランスとして働く際に、年収アップにつながる要素を紹介します。

Webデザイナーとしてアピールできる要素を増やす

Webデザイナーとして高いスキルを持つことを、積極的にアピールすることで年収アップにつながります。実績を重ねたり、ポートフォリオを作成したり、関連資格を取ったりといった方法が考えられます。意外な情報がアピールポイントになることも多いため、自分が所有しているスキルや資格はすべて公開しましょう。

フリーランスエージェントなどを活用する

安定して仕事を得るために、フリーランスエージェントなどの活用も視野に入れます。仕事がない時間をなるべく減らせるように、複数のサービスの利用が検討されます。

大型の案件に積極的に挑戦する

Webデザイナーとして年収をアップさせるには、単価の高い案件をこなすのもポイントです。大型の案件にも積極的に挑戦し、1つの仕事から得られる収入を高めることを目指すのも1つの方法です。採用されなかったとしても落ち込まず、新しい案件を探すことに時間を使うように意識しましょう。

Webデザイナーのフリーランスとして活動するのは難しい?

Webデザイナーのフリーランスとして活躍することは、決して簡単ではありません。以下では、Webデザイナーのフリーランスにとって考えるべき現状について解説します。

Webデザイナーのフリーランスにはライバルも多い

Webデザイナーのフリーランスには、ライバルも多いのが現状です。案件を取り合うことも少なくないため、差別化できる要素がないと仕事をみつけるのが難しくなります。ライバルとなるWebデザイナーをよく観察し、自分だけの強みを見出していく工程が重要です。

便利なツールの誕生もWebデザイナーの仕事に影響を与えている

近年は便利なツールやサービスの登場によって、誰でも簡単にWebサイトの構築ができるケースが増えています。そのためWebデザイナーはそれ以上の付加価値を提供し、クライアントに必要だと思わせる工夫が求められています。自分にしかできないことを提示し、長期的に仕事を任せてもらえるように動くのが重要です。

[オトクに資金調達]

LINE登録すると!!

手数料最大5,000円off✅でペイトナーファクタリングを利用できる🙆‍♀️!

\登録者1万人超、5秒でLINE登録!/

LINEではフリーランス必見の最新情報も定期配信中📱

オトクに資金調達♪】

公式LINE登録すると!!

手数料最大5,000円off✅で

ペイトナーファクタリングを利用できる🙆‍♀️

LINEでは知らないと損する最新情報も定期配信中📱!

まとめ

Webデザイナーのフリーランスは、多くの業界で活躍している職業・働き方です。今後もWebデザインの案件は増えていく可能性があるため、今からWebデザイナーとして勉強を始め、フリーランスになる方法を模索することも考えられます。

Webデザイナーのフリーランスとして成功するためには、年収をチェックしてリアルな生活をイメージすることも大切です。どの程度の単価が相場になるのか把握し、自分が目指すべき年収の水準を設定することが、Webデザイナーのフリーランスとして成功するコツです。

やっぷん
  • フリーランスでWebデザイナーとして働く人は増えつつあって、需要もどんどん高まっているよ!
  • だけど、それだけ競争が激しいから、ライバルと差をつけられるようにスキルを日々磨いておくようにしようね!
  • スキルだけでなく、仕事の単価を確認したり、仕事の計画もしっかりと立てておこうね!
監修者プロフィール

ペイトナー執行役員 邨山毅

立教大学経済学部卒。投資会社にて内部統制・米国新興事業の国内展開に従事。その後VOD運営会社にて経営戦略・機械学習・調達戦略領域の経験を経て、ペイトナー株式会社に入社。執行役員ファクタリング事業本部長として、ファイナンスサービスの運営及びフリーランスの与信構築全般を所掌している。

Xnote

フリーランス・個人事業主のあなたに💬

LINE友達限定で税金/節税/新法律/補助金etc...に関する

情報配信中!

最新情報GETで事業を伸ばそう

\簡単5秒で登録!/