ファクタリングの手数料相場について|決まる要因や内訳、安くする方法を徹底解説!

LINE限定の最新お役立ち情報配信中!

【実際のLINEトーク画面】

 \例:個人でも利用できる補助金の情報/   \例:期日系のリマインドも!/

LINE登録1万超!3秒で登録はこちら↓↓

ファクタリングには2者間ファクタリング、3者間ファクタリングといった取引形態があります。その形態によって手数料は変わってくるので、手数料について知ることはとても重要です。

どれくらいが目安なのか、何を要因として決まるのかなどを確認し、ファクタリングの利用前に備えておく必要があります。本記事ではファクタリングの手数料の相場と、決まる要因や安く抑える方法を解説します。

やっぷん
  • ファクタリングの手数料相場は、2者間か、3者間かで大きく変わってくるよ!
  • 企業ごとにも手数料が違うから、まずは上限の利率が低いものから利用してみるのがおすすめだよ!
  • だけど、手数料の安さだけを見て、他の要素をおろそかにしないように、注意しておこうね!

LINEであなたに合った補助金を診断!

  1. 【今すぐあなたの事業種別・業歴・業種に合った補助金が分かる
  2. 希望する方には補助金の専門家との無料相談をご案内!

\登録者1万人超、5秒でLINE登録!/

LINEで補助金個別診断!!

  1. 【今すぐ】あなたの事業に合った補助金が分かる
  2. 希望者には補助金の専門家との無料相談をご案内!

\登録者1万人超5秒でLINE登録!/

ファクタリングには手数料が必要

ファクタリングを活用すると、高額な手数料がかかることがあります。売掛金の買取額によって手数料が発生するので、入金額で損をしないために手数料率をしっかりチェックする必要があります。

ファクタリングとは売掛債権を売却して、現金を得る資金調達方法

ファクタリングとは、所有している売掛債権をファクタリング会社に売却して、現金を得る方法のことです。「債権買取」とも呼ばれます。ファクタリングを活用することで、入金前に売掛金を現金化することができるので、手形取引と同様の効果があります。金融機関を利用せずに資金を調達できるメリットがありますが、ファクタリング会社に手数料を支払う必要があります。そのためファクタリングの手数料を正しく理解していないと、ファクタリングを利用しても思った以上に手元に現金が残らないといった事態に陥りかねません。

ファクタリングの手数料には上限がない

ファクタリングは融資ではないことから利息制限法に縛られなく、結果的に手数料の上限がありません。また、手数料以外にも債権譲渡にかかわる登記費用や、印紙税がかかるケースもあります。その相場は債権額の2%~18%となり、印紙税は契約書に記載された金額によって異なってきます。そのため相場を知らないと、高い手数料で契約してしまう恐れがあるので、このような手数料以外の費用が発生する可能性があることを覚えておく必要があります。

ファクタリングの手数料相場を紹介

相場のファクタリング手数料は、2者間・3者間の取引形態によって変わってきます。下記にて、詳しく解説します。

ファクタリングの手数料相場一覧

ファクタリングの手数料は、契約方法によって相場が異なる2者間と3者間で利率に大きな違いがあります。

ファクタリング手数料の相場
2者間ファクタリング10%〜20%
3者間ファクタリング1%〜10%

2者間ファクタリングの手数料の相場は「10%〜20%」、3者間ファクタリングの場合には「1.0%〜10%」程度です。2者間ファクタリングは、債権そのもののリスクが高く、売掛金の未回収リスクも高まるため、3者間ファクタリングより手数料が高めに設定されています。3者間ファクタリングは、リスクは低くなり、未回収リスクも下がるため、手数料は低めに設定されています。

ファクタリングの手数料は企業によって変わる

ファクタリングの手数料は、会社によって利率に幅がありますが、多くの場合は設定が異なってきます。ですので、手数料を抑えてファクタリングを利用する場合には、上限の利率が低い会社からそれぞれのサービスを比較すると良いでしょう。ホームページなどに手数料の詳細が載っていますが、まずは複数を比較し、実際に見積りまで出してもらいましょう。また、各会社ではキャンペーンを実施している会社もあります。キャンペーンでは、1~5%程度の手数料が下がる場合があり、手数料を安く抑えられます。

ファクタリングの手数料における内訳

ファクタリングの手数料は次のような費用がかかります。

ファクタリングの手数料における内訳
  • 掛け目
  • 買取手数料
  • 債権譲渡登記費用
  • 印紙代
  • 振込手数料
  • 交通費

以下でそれぞれの項目について詳しく見ていきましょう。

掛け目

売掛債権の買取率のことで、額面の75~90%が一般的です。回収リスクが高いと掛け目は小さくなり、低ければ大きくなります。売掛債権を回収できた場合、掛け目で減額された分は利用企業に返還されます。

買取手数料

ファクタリングの際にかかる手数料のことです。

債権譲渡登記費用

売掛債権の買い取りを証明する手続きの際にかかる費用です。

制度の対象は法人に限定されているので、個人が譲渡した債権の登記は行えません。

印紙代

売掛債権譲渡契約を締結させる際に必要になります。

振込手数料

売掛債権の買取代金を口座に振り込む際にかかる手数料です。ファクタリング会社によっては負担してくれるなどの対応をするケースがあります。

交通費

利用企業との面談時に必要になります。国税庁の公式サイトにも記載されていますが、ファクタリングは売掛債権の譲渡取引に該当するため、取引にかかる諸費用に消費税は課税されません。

📣インボイス資料GET!!📣

今できることは?!

LINEで全37Pの説明資料をゲットしよう!

資料のほか、お役立ち最新情報【週2回】定期配信中!

インボイス資料GET📣

今できることは?!

LINEで全37Pの資料をゲット

ファクタリングの手数料が決まる要因

ファクタリング企業は、どこの会社も同じ基準で手数料を設定しています。その要因について下記にて、詳しく解説します。

売掛金の金額で変わる

ファクタリングの手数料は、売却する売掛金の金額によって変動する傾向があります。ファクタリング会社は回収できる売掛債務の金額が大きいほど魅力的な案件だといえます。少額の案件を数件も契約するより、1件の高額な案件のほうが効率よく利益を得られるからです。そのため一般的に売掛金の金額が高い方が手数料は低くなります。

売掛先が信用できる企業か

売掛先の信用力が低いと手数料は高くなり、回収できないリスクを考慮して手数料が高くなる可能性があります。逆に、売掛先が信用できる会社だと、交渉次第で手数料を抑えられます。信用できる会社であることを示すために、証拠になり得る取引実績に関する書類(入金履歴や請求書など)を用意するのがオススメです。

ファクタリングを何回利用しているか

利用者のファクタリングの利用回数も、手数料を決めるきっかけになります。ファクタリングの手数料は、ファクタリング会社がちゃんと売掛金を回収できるかどうかが重要です。そのため、初回できちんと売掛金を回収できている実績があれば、ファクタリング会社からの信用力は高くなると判断できます。

ファクタリングの手数料を抑える方法を解説

ファクタリングの手数料を上手く抑える方法について解説していきます。

3者間ファクタリングで契約する

ファクタリングを利用したときの勘定項目は、2者間ファクタリングよりも、3者間ファクタリングの方が基本的に手数料が安いです。3者間ファクタリングは、直接売掛先からファクタリング会社が資金を回収するため、貸し倒れのリスクが低く、手数料を安く設定しても、利益を出せる可能性があります。しかし、3者間ファクタリングを利用するには、売掛先企業の同意が必要になります。資金回収に時間がかかってしまうデメリットもありますが、ファクタリングをしているという事実が、その後の取引に影響を与える可能性もあるので、2者間と3者間をうまく使い分けると良いと思います。

複数社で見積もりをする

ファクタリングの手数料は全社一律ではないので、それぞれ別の審査基準を設けています。なので、ファクタリングを利用する際には、複数社でまずは見積もりを取って手数料をそれぞれ比較していきましょう。手数料を抑えられるかもしれません。

ファクタリングを複数回利用する

ファクタリングサービスの利用実績は多ければ多いほど、ファクタリング会社から信用されます。売掛先の信用力と同じく、利用者の信用も手数料に影響することがあるので、回収できる可能性が高いと見込まれれば、手数料が安く抑えられるのもポイントの一つです。またファクタリング会社と信頼関係を築くことも、手数料を抑える上で重要なポイントです。

ファクタリングの手数料をチェックする際の注意点

ファクタリングの手数料をチェックする際の注意点を解説していきます。

手数料だけをみて即決しない

手数料だけを判断材料としてファクタリング会社を決めることは、とてもリスクがあり危険です。ファクタリングの手数料には計算方法が複数あり、「手数料率が1回あたりなのか、それとも1か月あたりなのか」など細かい要素があるのでとても重要です。また、手数料以外の費用が発生する可能性があるので詳細をきちんと説明してくれるファクタリング会社を選び、把握するように意識する注意しましょう。

手数料に関わらず返済計画をしっかりと立てる

手数料に関わらず、ファクタリングを活用する際には返済計画をしっかりと立てるようにしましょう。返済計画を立てずに行えば、手数料が安いと油断して返済が滞ることがあるので、とても大きなリスクを背負う結果になります。ファクタリングは資金繰りの改善に役立つ手段ですが、その仕組みやメリット、デメリットを理解したうえで利用することを心掛けましょう。

まとめ

ファクタリングは、売掛金をすぐに現金化したい場合や未回収リスクを防ぎたい場合には有効な手段ですが、手数料が高くなりやすく、細かく見積りを取る必要があります。

ファクタリングを行う際には、専門家(税理士)に相談したり、複数のファクタリング会社に問い合わせたりするなどの取り組みを行い、納得できる優良業者を選びましょう。

やっぷん
  • ファクタリングの手数料相場は、2者間か、3者間かで大きく変わってくるよ!
  • 企業ごとにも手数料が違うから、まずは上限の利率が低いものから利用してみるのがおすすめだよ!
  • だけど、手数料の安さだけを見て、他の要素をおろそかにしないように、注意しておこうね!

【LINE登録者1万人超!】

フリーランス/個人事業主の味方💪

税金/節税/事業展開 etc…

LINEから最新知識や流行話題を定期的にGET!

\週2配信!5秒で登録🎶/

LINE登録者1万人超!

税金/節税/事業展開 etc…

LINEから最新知識を定期的にGET!

週2配信!5秒で登録🎶

監修者プロフィール

ペイトナー執行役員 邨山毅

立教大学経済学部卒。投資会社にて内部統制・米国新興事業の国内展開に従事。その後VOD運営会社にて経営戦略・機械学習・調達戦略領域の経験を経て、ペイトナー株式会社に入社。執行役員ファクタリング事業本部長として、ファイナンスサービスの運営及びフリーランスの与信構築全般を所掌している。

Xnote

フリーランス・個人事業主のあなたに💬

LINE友達限定で税金/節税/新法律/補助金etc...に関する

情報配信中!

最新情報GETで事業を伸ばそう

\簡単5秒で登録!/