【図解】ファクタリングとは?仕組みや会社選びのポイントをわかりやすく解説!

知らないと損!

使える補助金を知って事業を伸ばそう!

【登録者1万人超】

ペイトナー公式LINEでは、新法律・制度・納税etc...

知らないと損する最新情報を定期配信中!

\簡単5秒!/

税金/節税/法律などホット🔥な情報をお届けしています!

ファクタリングは、早く手軽に資金調達ができる方法として、昨今注目を集めています。この記事をご覧のみなさまも、ファクタリングに興味がある方が多いでしょう。一方で、ファクタリングの解説を読んでも、専門用語が多くてよく分からない方もいらっしゃるかもしれません。

ファクタリングの仕組みは一見難しそうに見えるかもしれませんが、ポイントを抑えればとても簡単に理解できます。本記事では、ファクタリングの仕組みや種類ごとの違いを、イラストを用いて解説します。ファクタリングを利用してみたい方や、仕組みをきちんと理解したい方は、ぜひご覧ください。

やっぷん
  • ファクタリングとは、売掛債権をファクタリング会社に売却して資金を調達できるサービスだよ!
  • 2者間・3者間という2つの種類があって、それぞれ特徴が違うから、利用する前に確認しておこう。
  • 早く手軽にファクタリングを利用したい人は「ペイトナーファクタリング」をぜひ利用してね!

目次

ファクタリングとは売掛債権の早期現金化のこと!

ファクタリングとは、比較的新しい資金調達の方法です。ローンのように一般に普及している方法ではありませんが、手軽に利用しやすく、スピーディに資金調達できるため、利用者が増加しています。以下では、「ファクタリング」について説明していきます。

ファクタリングって?

ファクタリングとは、売掛債権をファクタリング会社に売却して、資金を調達するサービスです。売掛債権とは、物品やサービスの代金を取引先から受け取る権利を指します。納品した商品の代金を請求する場合に「請求書」を発行しますが、この際の代金を請求する権利が「売掛債権」なのです。代金を受け取る権利をファクタリング会社に譲渡し、その代わりに資金を調達することを「ファクタリング」と呼びます。

例として、振込期日より前にクレジットカードの引き落としがあったり、ローンの返済期日があったりする場合です。何らかの支払いをするために、振込期日より早く現金を調達したい場合に、ファクタリングはとても便利です。ファクタリングを利用して、売掛債権を現金化してしまえば、振込期日より早く現金を調達できます。

ファクタリングを利用すべき場面は?

ファクタリングを利用すべき場面としては、売掛金の支払いまで待てないケースがあげられます。請求書を発行してから、実際に請求金(売掛金)が振り込まれるまで、1ヶ月程度かかるでしょう。しかし、振り込みまでの1ヶ月の間に何らかの支払いがあり、振込期日より早く現金を調達したい場面もあるかと思います。

フリーランス/個人事業主の方

LINEで税金/節税💰のストレス解消します!

オトクな最新情報を週2配信📱!

\10秒で簡単🎶 登録者1万人超!/

フリーランス/個人事業主へ!

LINEで税金/節税の悩み解消!

最新情報を定期配信📱!

\10秒で簡単🎶 登録者1万人超!/

2者間・3者間の違いは?ファクタリングの種類を図解

ファクタリングには「2者間ファクタリング」と「3者間ファクタリング」の2種類があります。それぞれの仕組みと特徴を理解していないと、うまくファクタリングを利用できなかったり、損をしてしまったりするので、注意が必要です。しかし、ファクタリングの仕組みは文章では理解がしにくく「調べたけどよく分からなかった」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ファクタリングがよく分からないとお悩みの方に向けて、以下の項目ではイラストを用いて、ファクタリングの仕組みを図解します。

2者間ファクタリングとは?

2者間ファクタリングとは、取引先(売掛先)とファクタリング業者が直接関わらないファクタリングです。2者間ファクタリングの具体的な流れは、以下のようになります。

2社間ファクタリングの流れ
  1. 利用者がファクタリング会社に売掛債権を売却、ファクタリング会社は代金として売掛金から手数料を引いた金額を利用者に入金
  2. 取引先が利用者に売掛金を支払う
  3. 利用者が売掛金をファクタリング会社に受け渡し

上記のように、売掛金が利用者を介してファクタリング会社へ支払われるのが、2者間ファクタリングの特徴です。

2者間ファクタリングのメリットは、ファクタリングの利用が取引先に知られない点でしょう。取引先とファクタリング会社が直接取引をすることがないため、取引先にとっては通常の取引と何ら変わりがないのです。資金繰りが悪化していると思われたくない場合は、2者間ファクタリングが適しています。

ただし、ファクタリング会社側は売掛金の未回収リスクが高くなるため、手数料は少し高めに設定されます。できる限り手数料を低く抑えたい場合は、後述する3者間ファクタリングがおすすめです。

3者間ファクタリングとは?

3者間ファクタリングは、ファクタリング会社と取引先が直接関わるファクタリングです。3者間ファクタリングの具体的な流れは、以下のようになります。

3社間ファクタリングの流れ
  1. 利用者がファクタリング会社に売掛債権を売却
  2. ファクタリング会社は代金として売掛金から手数料を引いた金額を利用者に入金
  3. 取引先がファクタリング会社へ売掛金を支払い

上記のように、取引先が売掛金を直接ファクタリング会社に支払うのが、3者間ファクタリングの特徴です。ファクタリング会社側は、売掛金の未回収リスクが減るので、手数料は低めに設定される傾向にあります。ただし、ファクタリングを利用していることが取引先に知られてしまうので、注意が必要です。

ファクタリング利用を取引先に通知して欲しくない場合や、資金繰りの悪化を心配されたくない場合は、2者間ファクタリングがよいでしょう。

2者間・3者間ファクタリングの違いをまとめると?

2者間ファクタリングと3者間ファクタリングの具体的な違いは「取引先への通知」と「手数料」の2点です。

2者間ファクタリング3者間ファクタリング
取引先への通知なしあり
手数料高め低め

2者間の場合、取引先とファクタリング会社が直接関わることがありません。一方、3者間の場合は取引先がファクタリング会社に売掛金を支払うので、取引先にファクタリングの利用が通知されます。

また、2者間の場合はファクタリング会社が取引先と直接関わることができず、売掛金の未回収リスクが高まることから、手数料は高めに設定されます。3者間の場合は、ファクタリング会社が取引先と直接関流ことができるため、未回収リスクが2者間よりも低く、手数料も低めに設定されているのです。こうした違いをふまえたうえで、自分に適したファクタリングサービスを選択しましょう。

【LINE登録者1万人超!】

フリーランス/個人事業主の味方💪

税金/節税/事業展開 etc…

LINEから最新知識や流行話題を定期的にGET!

\週2配信!5秒で登録🎶/

LINE登録者1万人超!

税金/節税/事業展開 etc…

LINEから最新知識を定期的にGET!

週2配信!5秒で登録🎶

ファクタリングの特徴は?

比較的新しい資金調達方法である「ファクタリング」は、さまざまな特徴があります。特に、スピーディーかつ手軽に利用できる点や、利用に関するリスクが少ない点などが、ファクタリングの特徴です。この後の項目では、ファクタリングの特徴について詳しく解説します。

取引先からの支払いを待たずに現金が調達できる

前述の通り、ファクタリングは取引先からの支払いを待たずに現金が調達できます。読者の方の中にも「月末の振り込みまでの資金繰りが厳しい」と感じた経験のある方がいらっしゃるのではないでしょうか。請求書での取引の場合、翌月末を支払期日とするケースが多く、事業者によっては資金繰り悪化の原因になります。

こうした資金繰りの悪化を軽減させてくれるのが、ファクタリングの魅力です。ファクタリングを利用すれば、請求書を発行した後すぐにでも現金を調達できます。支払期日までの資金繰りが厳しい方や、急な支払いが発生してすぐ資金が必要になった方などは、ファクタリングの利用がおすすめです。

返済の必要がない

ファクタリングを利用するメリットとして、返済の必要がない点があげられます。例えば、約束手形を支払期日より前に現金化する「手形割引」の場合、取引先が決済金を用意できなかったら、手形割引の利用者が、割引業者に決済金を支払う必要があります。こうした弁済義務を「償還請求権」といい、利用者にとっては大きなリスクになりうるものです。

ファクタリングの場合は、取引先が売掛金を支払えなくなったとしても、利用者が代わりに返済する必要がありません。利用者側のリスクが低く、安全に利用できるのもファクタリングの魅力でしょう。

審査が比較的柔軟で、利用しやすい

ファクタリングは、ローン審査と比べると審査が柔軟であると言われています。利用者の信用情報がどんな状況であっても、取引先が売掛金をきちんと支払えれば問題ないためです。

ローンのように、利用者の返済能力がリスクにならないので、審査が柔軟で利用しやすいとされています。赤字が続いていたり、税金の滞納があったとしても、正規の売掛債権があるのであれば、利用できる可能性が高いでしょう。

最短即日で利用できる

ファクタリングは、最短即日で利用できるサービスも多くありますローンの場合、会社によっては一定の審査期間が必要で、すぐに現金を調達したい場合には不向きでしょう。

ファクタリングであれば、業者によっては土日も対応しています。資金繰りが厳しいタイミングで、スムーズに現金を調達できるのも、ファクタリングの特徴です。

基本的に限度額がない

ファクタリングには、基本的に限度額がありません。もともと支払われるはずだったお金を、早期に現金化するサービスだからです。ローンであれば、返済能力に応じた金額しか貸し出すことはできません。

しかし、ファクタリングは売掛債権に応じた金額を調達できるので、売掛債権さえあればローンより高額な資金調達も可能です。ファクタリング会社によっては限度額が設定されていますので、利用時に確認しましょう。

LINEであなたに合った補助金を診断!

  1. 【今すぐあなたの事業種別・業歴・業種に合った補助金が分かる
  2. 希望する方には補助金の専門家との無料相談をご案内!

\登録者1万人超、5秒でLINE登録!/

LINEで補助金個別診断!!

  1. 【今すぐ】あなたの事業に合った補助金が分かる
  2. 希望者には補助金の専門家との無料相談をご案内!

\登録者1万人超5秒でLINE登録!/

ファクタリング会社の選び方5選

昨今は、ファクタリングサービスを提供している会社も多くあります。利用にあたっては、どの会社がよいのか迷ってしまうでしょう。また、自分に合ったファクタリング会社を選びたいと考える方も多いかと思います。以下の項目では、ファクタリング会社を選ぶ際のポイントを5つご紹介します。

ポイント①手数料は高すぎないか

ファクタリング会社を選ぶ際に大切なのが、手数料を比較することです。ファクタリング手数料の相場は、2者間が20%前後、3者間が5〜10%前後となっています。

会社やファクタリングの方式によって手数料はまちまちなので、手数料負担が大きすぎないものを選びましょう。

ポイント②利用可能な金額はいくらか

売掛金の額が大きい場合は、利用可能額も確認しましょう。ファクタリング会社によって、最低利用金額や限度額を設定している場合があります。限度額は会社によって異なり、50万円から100万円まで様々です。50万円前後であれば、多くのファクタリング会社で利用できますが、100万円以上になる場合には、限度額を超えないか確認しておきましょう。

また、限度額を設定していない会社も多くあるので、売掛金が大きい場合には、制限なしのファクタリング業者を利用するのがおすすめです。

ポイント③ファクタリングの種類はどうか

ファクタリングの種類も、業者選びをする際の比較ポイントになります。前述のとおり、ファクタリングには「2者間」「3者間」の2種類があります。2者間と3者間ではそれぞれ特徴が異なるので、自分の重視するポイントに応じて種類を選択しましょう。

ポイント④入金スピード・即日対応しているか

すぐに資金調達したい場合は、即日対応しているかも確認が必要です。すべてのファクタリング会社が即日対応している訳ではありません。会社によっては、審査に一定の時間が必要になる場合があります。

また、週末に審査手続きをする場合は、時間帯によっては週をまたいでしまう可能性があるでしょう。即日対応している場合でも、時間帯によっては翌日または週明けの対応になってしまいます。早期に資金調達したい方は、即日対応しているか、また当日対応の締め切り時間は何時かをしっかりと確認してください。

ポイント⑤審査方法はどうか

審査方法も、会社によってまったく異なります。一般的には、以下のような方法で審査をしているファクタリング会社が多いでしょう。

ファクタリングの審査方法
  • ネット受付
  • メール
  • 電話
  • FAX
  • LINE
  • 対面

すぐに資金調達をしたい場合は、ネットでの審査に対応している会社を選びましょう。対面審査の場合、移動時間や審査の待ち時間などがかかるので、スムーズに利用できない可能性があります。ネット審査をしている場合は、自宅からでも気軽に利用でき、スピーディな資金調達が可能です。

[オトクに資金調達]

LINE登録すると!!

手数料最大5,000円off✅でペイトナーファクタリングを利用できる🙆‍♀️!

\登録者1万人超、5秒でLINE登録!/

LINEではフリーランス必見の最新情報も定期配信中📱

オトクに資金調達♪】

公式LINE登録すると!!

手数料最大5,000円off✅で

ペイトナーファクタリングを利用できる🙆‍♀️

LINEでは知らないと損する最新情報も定期配信中📱!

おすすめはペイトナーファクタリング!

弊社の「ペイトナーファクタリング」は、手軽かつ安全に資金調達できるファクタリングサービスです。取引先にファクタリング利用を知られたくない方、オンラインで手続きを完結させたい方には、特におすすめのファクタリングとなっています。以下の項目では、ペイトナーファクタリングのメリットを6つご紹介します。

2者間ファクタリングなので、取引先に知られない

ペイトナーファクタリングは2者間ファクタリングなので、取引先に利用通知がいきません。取引先に資金繰りについて心配されることなく利用できます。取引先との関係性を大切にしている方には、ぴったりです。

オンラインで手続きが完了する

オンラインで手続きが完了するのも、ペイトナーファクタリングのメリットです。請求書や必要書類をPDFでアップしていただければ、すぐに審査を進められます。自宅にいながらでも利用手続きができるので、お仕事で忙しい方にもおすすめのファクタリングサービスです。

少額から利用可能

ペイトナーファクタリングは、少額でも利用しやすいサービスです。ファクタリング会社によっては、最低金額を厳しく設定している場合があります。しかし、ペイトナー ファクタリングは、売掛金1万円から利用可能です。少額からでも利用しやすいので、副業フリーランスの方にもご使用いただきたいサービスです。

最短10分で審査が完了する

ペイトナー ファクタリングは、最短10分で審査が完了します。また、入金は審査完了と同時に行われるので、審査完了から入金までの待ち時間も発生しません支払い期日が迫っていて、すぐに資金を調達したい方は、ぜひペイトナーファクタリングをご利用ください。(営業時間は平日10:00〜19:00となっております)

累計申請件数5万件を超える安心のサービス

ペイトナーファクタリングは、累計申請件数が5万件を超えるサービスです。会社の信用度を重視する方にも、おすすめできるサービスとなっています。大切な売掛債権を扱うサービスだからこそ、会社の信用度や認知度は大切です。安心して利用できるファクタリング会社をお探しの方にも、ペイトナー ファクタリングは自信をもっておすすめできます。

利用手数料が10%固定で利用しやすい

ペイトナーファクタリングの利用手数料は、一律10%です!利用金額によって手数料が変わらないので、売掛金が高額な方でも利用しやすいサービスです。また、初期費用や月額料金はかからず、サービス手数料のみで利用可能です。手数料金額が明確なので、安心してご利用いただけるファクタリングです。

ペイトナーファクタリングの特徴

ペイトナーファクタリングは、以下の流れで手続きを行います。

ペイトナーファクタリングの利用方法
  1. 会員登録
  2. 請求書・本人確認書類をアップロード
  3. 最短10分で審査完了・支払い
  4. 取引先から入金され次第、振り込み

上記のように、ペイトナーファクタリングの利用方法は非常にシンプルです。初めてファクタリングを利用される方も、使いやすいシステムとなっています。以下の項目で、ペイトナーファクタリングを利用する流れを解説します。

step①会員登録

まずは、ペイトナーファクタリングの会員登録を行ってください。登録料金や月額料金はかかりません。Gmailアカウントをお持ちの方は「Googleで登録」から会員登録していただくことも可能です。

step②請求書と本人確認書類をアップロード

会員登録が完了したら、審査のための書類をアップロードしてください。審査には、請求書と本人確認書類が必要です。本人確認書類には以下のものがご利用いただけます。

本人確認書類(以下から1点を提出)
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 住基カード
  • パスポート

なお、状況に応じて実態確認資料(ポートフォリオURLや口座入出金履歴など)のご提出をお願いする場合もございます。

step③最短10分で審査完了・支払い

審査申し込みが完了したら、審査が完了するまでお待ちください。審査は最短10分で完了します。審査が完了したら、登録メールアドレス宛に審査結果をお送りします。審査を通過された方には、メール送付と同時に振り込みを実施します。審査が10分で終了しない場合でも、営業時間内の審査であれば、当日中に審査結果をお送りしますのでご安心ください。

step④取引先から入金され次第、振り込み

ファクタリング利用後、取引先から売掛金が入金されましたら、弊社宛にお振り込みください。売掛金が弊社口座に入金されましたら、ファクタリングの手続きはすべて終了となります。なお、次回以降の利用は、本人確認書類なしで利用可能です。

サービス紹介

『ペイトナー ファクタリング』とは、フリーランス、個人事業主、中小企業の皆様のお仕事の成果をこれまでよりも早くお手元に届ける事を目的としたサービスです。

お仕事を終え、取引先に送った入金前の請求書情報をご登録いただく事で、本来1〜3ヶ月後に入金されていた報酬を『ペイトナー ファクタリング』が前もってお支払いします。

このサービスの利用は、取引先に知られることはありません。

取引先から請求書に対してのお支払いが終わった後に、ペイトナーまで振込をいただきます。

まとめ

ファクタリングは、手軽かつスピーディーに資金を調達できる便利なサービスです。まだ振り込みがされていない請求書がある方なら、どなたでもご利用いただけます。ローンよりも審査が柔軟で、手形割引に比べリスクが少なく、利用しやすい資金調達方法です。

特に、弊社「ペイトナーファクタリング」は審査スピードや信用度などにおいて、自信を持っておすすめできるファクタリングサービスとなっています。この記事をご覧のみなさまも、ぜひペイトナーファクタリングをご利用ください。

やっぷん
  • ファクタリングとは、一般的には売掛債権をファクタリング業者に売却して資金を調達できるサービスだよ!
  • 2社間・3社間というふたつの種類があって、それぞれ特徴が違うから、利用する前に確認しておこう。
  • 早く手軽にファクタリングを利用したい人は「ペイトナーファクタリング」をぜひ利用してね!
監修者プロフィール

ペイトナー執行役員 邨山毅

立教大学経済学部卒。投資会社にて内部統制・米国新興事業の国内展開に従事。その後VOD運営会社にて経営戦略・機械学習・調達戦略領域の経験を経て、ペイトナー株式会社に入社。執行役員ファクタリング事業本部長として、ファイナンスサービスの運営及びフリーランスの与信構築全般を所掌している。

Xnote

フリーランス・個人事業主のあなたに💬

LINE友達限定で税金/節税/新法律/補助金etc...に関する

情報配信中!

最新情報GETで事業を伸ばそう

\簡単5秒で登録!/