ファクタリングの契約の流れについて|注意すべき5ポイントを解説

LINE限定の最新お役立ち情報配信中!

【実際のLINEトーク画面】

 \例:個人でも利用できる補助金の情報/   \例:期日系のリマインドも!/

LINE登録1万超!3秒で登録はこちら↓↓

資金調達の方法として、近年「ファクタリング」に注目が集まっています。しかし、契約方法や手順、契約書の確認方法などが分からずに困る例も多く、興味があるけど利用に躊躇してしまうケースもあるでしょう。

本記事ではファクタリングの基本と、契約時におけるチェックポイントや注意点を解説します。

やっぷん
  • ファクタリングの契約の流れや必要な書類は、ファクタリングを申請する前に見ておこうね!
  • 契約時や、書類でもチェックすべき項目があるよ!
  • しっかりチェックしておかないとトラブルにつながっちゃうこともあるから気をつけようね!!

ファクタリングについて

まずは「ファクタリング」がどういった制度なのか、どんな特徴があるのかを知る必要があります。以下では、ファクタリングの基本について解説します。

ファクタリングとは「売掛債権」を売却する資金調達の手段

ファクタリングとは、「売掛債権」を売却して資金調達をする手段のことを指します。取引先に商品やサービスを提供した際に受け取った売掛債権を使い、現金化できるのがファクタリングサービスの特徴です。

一般的に売掛債権は、受け取ってから支払いが実施されるまで期間が空きます。そこで支払い予定日が先の売掛債権をファクタリングで売却し、早めに現金にして資金調達をするケースが増えています。

ファクタリングの契約形態

ファクタリングには、複数の契約形態があります。利用前にそれぞれ契約形態の詳細を確認し、契約方法を考えておくのがポイントです。以下では、ファクタリングの基本的な契約形態について解説します。

2者間ファクタリングについて

2者間ファクタリングとは、売掛債権を売却する当事者とファクタリング会社だけで契約する方法です。第3者の許可などは必要なく、売掛債権の保有者とファクタリング会社との間で話が進められます。

スピーディな資金調達が可能な点と、売掛先の企業にファクタリングをしている事実を知られずに済むのが2者間ファクタリングのメリットです。即日に契約ができるケースもあるため、素早く現金を手にできます。

3者間ファクタリングについて

3者間ファクタリングとは、売掛債権を売却する当事者とファクタリング会社、そして売掛先の企業が契約に同意する方法です。ファクタリングを行うことを売掛先に伝えた上で、契約を進めるのが2者間ファクタリングとの大きな違いです。

ファクタリング会社からすると、事前に売掛先の許可を得て契約できるため、信頼できる取引となり手数料が安めになるケースがあります。契約後の取引はファクタリング会社と売掛先の企業が行うため、利用者に手間がかからない点もメリットです。

ファクタリングの契約の流れ

ファクタリングを利用する際には、契約時の基本的な流れを把握しておくこともポイントです。以下では、ファクタリングの基本となる契約の流れを解説します。

①事前相談で詳しい話を聞く

ファクタリングを利用する際には、まずファクタリング会社に事前相談をします。自分の保有している売掛債権が売却できるのか、どの程度の手数料がかかるのかなどを確認すると良いでしょう。複数のファクタリング会社に相談して見積もりを出してもらい、内容を比較することも契約時に考えられます。

②必要書類を準備する

一般的にファクタリングでは、以下の準備が必要です。

ファクタリングに必要な書類
  • 身分証明書
  • 印鑑証明書
  • 通帳(売掛先からの入金が確認できるもの)
  • 請求書・納品書など売掛債権を把握できる書類

法人の場合には、さらに登記簿謄本も用意しておく必要があります。必要書類の詳細はファクタリング会社のホームページなどに記載があるので、事前に確認しておきましょう。

③ファクタリングの申し込みをする

契約内容に納得がいったなら、ファクタリング会社に申し込みをします。申し込み方法には、インターネット、郵送、電話など複数の方法があるため、対応しやすいものを選択しましょう。申込時には先に用意した書類を提出するため、まとめて準備をしておきましょう。申し込み後のキャンセルは基本的にできないため、よく考えた上で契約をする必要があります。

④ファクタリング会社の審査を受ける

申し込み後は、ファクタリング会社による審査結果を待つことになります。提出書類に不備があったり、契約前に確認が必要な要素があったりする場合、ファクタリング会社から電話や面談が打診されるケースも考えられます。

⑤契約を締結する

無事審査を通過したら、ファクタリングの契約が締結されます。契約書が発行されるため、内容に目を通して問題がないことを確認しましょう。ファクタリングの契約書はのちのトラブルを避けるために、自身とファクタリング会社で1通ずつ保管することになります。

[オトクに資金調達]

LINE登録すると!!

手数料最大5,000円off✅でペイトナーファクタリングを利用できる🙆‍♀️!

\登録者1万人超、5秒でLINE登録!/

LINEではフリーランス必見の最新情報も定期配信中📱

オトクに資金調達♪】

公式LINE登録すると!!

手数料最大5,000円off✅で

ペイトナーファクタリングを利用できる🙆‍♀️

LINEでは知らないと損する最新情報も定期配信中📱!

ファクタリングの契約に必要な書類について

ファクタリングの契約時には、複数の書類を発行します。それぞれの詳細を確認しておくことで、混乱や不安を覚えることなく契約に臨めるでしょう。以下では、2者間ファクタリングのケースを参考に契約時に必要な書類を紹介します。

売掛債権譲渡契約書

「売掛債権譲渡契約書」とは、売掛債権を譲渡する際に発行する書類です。売掛債権を譲渡した時点で売掛金の回収はファクタリング会社が行うべきですが、2者間ファクタリングでは基本的に利用者が資金の回収をする必要があります。利用者が資金を回収することで、売掛先にファクタリング契約を知られずに済むというメリットがあります。

業務委託契約書

「業務委託契約書」とは、特定の業務を委託する際に作成する契約書です。ファクタリングにおいては、ファクタリング会社が利用者に回収業務を代行してもらうために発行します。業務委託契約書に従って、ファクタリング利用者は売掛債権を譲渡した上で資金回収を代行します。

ファクタリングの契約書類でチェックすべきポイント5選

ファクタリング契約をする際に発行される契約書類には、いくつかチェックすべきポイントがあります。以下では、ファクタリングの契約書類でチェックすべきポイントについて解説します。

①手数料に関する項目

ファクタリング契約時の書類には、契約において発生する手数料を定めた項目があります。相場としては2者間ファクタリングの場合には10〜20%、3者間ファクタリングの場合には1.0〜10%程度の手数料がかかるため、事前に数値を確認しておきましょう。

②償還請求権に関する項目

「償還請求権」とは、売掛先が倒産して資金が回収できなくなった場合の対応方法についての項目です。償還請求権が「有」となっている場合、利用者は売掛先の倒産リスクまで背負い込む必要があるため注意が必要です。

③損害賠償や違約金に関する項目

契約書に記載された義務を怠った場合に、損害賠償や違約金が発生するのか確認しておきましょう。高額すぎる賠償金や条件が極端に厳しい場合などは、不当な契約の可能性があるため見直しが推奨されます。

④報告義務について

契約書に報告義務が記載されている場合、売掛先に問題が発生したときなどに速やかにファクタリング会社に報告する必要があります。どのような場合に報告が必要なのかを、契約時に確認しておくと良いでしょう。

⑤契約の解除について

ファクタリング契約の最中に重大な違反があった場合、契約を解除する旨を記載した項目です。具体的にどのような行為が重大な違反になるのかを事前に確認し、トラブルにならないように備えます。

ファクタリング契約をする際の注意点

ファクタリング契約をする際には、いくつかの注意点があります。以下では、ファクタリング契約時に注意すべきポイントを解説します。

手数料が相場から外れていないか確認する

ファクタリング契約時には、手数料が相場から外れていないか注意が必要です。先にも解説した通り、一般的には2者間ファクタリングの場合には10〜20%、3者間ファクタリングの場合には1.0〜10%程度が目安になります。売掛先の企業の信頼度やファクタリングを複数回使った経験があるなど、さまざまな理由で安く設定される可能性があります。

ファクタリング契約書の控えは必ず受け取る

ファクタリングの契約書は、必ず控えを受け取りましょう。万が一トラブルが発生した場合、控えがないとどちらに過失があるのか素早く判断できません。契約後は控えをきちんと保管し、必要に応じて内容を再確認できるように備えることがポイントです。

まとめ

ファクタリングは売掛債権を売却して、素早く現金化できる便利なサービスです。フリーランスや個人事業主でも利用できるため、この機会に資金調達法の1つとして契約の流れを確認しておきましょう。

やっぷん
  • ファクタリングの契約の流れや必要な書類は、ファクタリングを申請する前に見ておこうね!
  • 契約時や、書類でもチェックすべき項目があるよ!
  • しっかりチェックしておかないとトラブルにつながっちゃうこともあるから気をつけようね!!
監修者プロフィール

ペイトナー執行役員 邨山毅

立教大学経済学部卒。投資会社にて内部統制・米国新興事業の国内展開に従事。その後VOD運営会社にて経営戦略・機械学習・調達戦略領域の経験を経て、ペイトナー株式会社に入社。執行役員ファクタリング事業本部長として、ファイナンスサービスの運営及びフリーランスの与信構築全般を所掌している。

Xnote

フリーランス・個人事業主のあなたに💬

LINE友達限定で税金/節税/新法律/補助金etc...に関する

情報配信中!

最新情報GETで事業を伸ばそう

\簡単5秒で登録!/