フリーランスの平均年収はいくら?全体相場や生活水準、年収アップの方法を徹底解説!

LINE限定の最新お役立ち情報配信中!

【実際のLINEトーク画面】

 \例:個人でも利用できる補助金の情報/   \例:期日系のリマインドも!/

LINE登録1万超!3秒で登録はこちら↓↓

フリーランスにとって、悩みの種になりやすいのは「年収」の問題です。フリーランスの年収は、従業員としての給与とは異なり、不確実性が高く、スキルや市場需要に大きく左右されます。しかし、正確な情報と計画があれば、成功への道を切り開くことができます。

フリーランスの平均年収は業界やスキルに依存しますが、適切なスキルと戦略を持つことで、多くのフリーランスは従業員以上の収入を実現しています。スキル向上と信頼関係の築き方を学び、安定的な収入源を見つけることが年収アップの鍵です。この記事で詳しく説明していますので、ぜひご覧下さい!

やっぷん
  • フリーランスは、年収にばらつきが出やすいよ!
  • 自分の職種や、能力、実績を見極めたうえで自分の年収を高めていけるようにしようね!
  • フリーランスになるデメリットもしっかり把握してリスク管理をしておこうね!

フリーランスの年収はどれくらい?

フリーランスになる際には、生活の目処を立てるためにも平均年収を確認しておくことがポイントです。以下では、フリーランスの年収について解説します。

フリーランスの年収は200〜400万円未満が最も多い

フリーランス白書2020の調査結果」によると、フリーランスの年収は200〜400万円未満が22.9%と最多です。次いで200万円未満が22.5%と高く、1/5以上のフリーランスが年収200万円に届いていないことが分かります。駆け出しのフリーランスは仕事が安定しにくいため、最初の頃は年収200万円未満になるケースも考えられます

給与所得者の平均年収は443万円

令和3年分 民間給与実態統計調査」によると、給与所得者の平均年収は443万円となっています。フリーランスの200〜400万円未満と比較すると、会社員の方が年収は高いケースが多いと想定されるでしょう。

一方で、フリーランスは仕事をするほど報酬が増えるため、実績を重ねて仕事を請け負える機会が増えれば、会社員の年収を超える可能性もあります。能力と働き方次第で年収が大きく変わる点は、フリーランスならではの特徴といえるでしょう。

フリーランス/個人事業主の方

LINEで税金/節税💰のストレス解消します!

オトクな最新情報を週2配信📱!

\10秒で簡単🎶 登録者1万人超!/

フリーランス/個人事業主へ!

LINEで税金/節税の悩み解消!

最新情報を定期配信📱!

\10秒で簡単🎶 登録者1万人超!/

フリーランスの年収が低い傾向にある理由

フリーランスの年収が低い傾向にあることにはいくつかの理由が考えられます。以下では、フリーランスの年収が低い理由を解説します。

実績やスキルがないと年収が上がりづらい

フリーランスは実力主義の世界であるため、実績やスキルがないと年収が上がりづらいです。フリーランスとして案件をこなして成長していくまで、年収が低い時代が続く可能性を考慮する必要があります。年収が上がるまでどのように生活を構築するのか、事前に具体的な計画を立てておくことがポイントです。

副業で仕事をしている人も多い

フリーランスを本業ではなく、副業でしている人も多いです。副業だと自然と働く時間が短くなるため、フリーランスとしての年収も低くなります。その結果が先ほどのデータに反映されて、平均年収が下がっていることも考えられます。

フリーランスの人口が増加している

働き方改革などの影響で、フリーランスになる人は増加しています。優良なクライアントの仕事は実績のあるフリーランスに任されてしまうため、駆け出しのフリーランスは安い仕事しか請け負えず、年収が落ち込むケースが多いと考えられます。フリーランス人口の増加が、結果的に平均年収を下げている可能性もあるでしょう。

フリーランスの手取りを計算する方法は?

フリーランスとして活動する際には、手取りの計算方法を確認しておくことも重要です。

フリーランスの手取りは「収入 ー (税金 + 保険料 + 必要経費)」で計算できる

フリーランスの手取りは、以下の方法で計算します。

フリーランスの手取り

収入 ー (税金 + 保険料 + 必要経費)

社会保険料や税金の納税額は収入などによって左右されるため、フリーランスごとに詳細が異なります。事前に計算して手取りを割り出し、その上で生活を組み立てるのがポイントです。

フリーランスの職種別の年収相場は?

フリーランスの職種によって、年収相場は変わります。以下では、フリーランスの業種別の年収相場を紹介します。

エンジニア系やコンサルタントなどのサービス事業は年収が高い傾向にある

先に紹介した「フリーランス白書2020の調査結果」を参考にすると、各職種の年収相場の割合は以下のようになっています。

参考:フリーランス白書2020の調査結果
※各相場の上位3種を記載

「エンジニア・技術開発系」「コンサルティング系」「クリエイティブ・Web・フォト系」は、年収800万円以上を獲得している割合が多い職種です。クリエイティブ・Web・フォト系はいずれの年収相場でも割合が高いため、フリーランス人口の多さと能力による年収の差が広いことがうかがえます。

フリーランスの年収を上げる方法は?

フリーランスとして活動していく際には、年収を上げる方法を把握しておくことも重要です。以下では、フリーランスの年収を上げる方法を紹介します。

フリーランスとして実績を重ねる

フリーランスとして複数の案件をこなし、実績を重ねていくことが年収アップにつながります。まずはコツコツと仕事をこなし、フリーランスとして信頼を得ることが目標となるでしょう。実績が増えればクライアントの目に止まりやすくなり、大きな案件を獲得できる可能性も高まります。

フリーランスとして独自の価値を作り出す

フリーランスとして「自分にしかできない独自の価値」を作り出すことも、年収アップにつながる1つの方法です。「あの人に頼めば大丈夫」と業界に精通すれば、高単価かつ安定して仕事を請け負えるようになります。

複数の収入源を確保する

フリーランスは特定のジャンルだけでなく、複数の仕事を同時にこなすことも可能です。複数の収入源を確保して、トータルで年収アップを図るのも1つの方法となります。

収入源が複数あると、仮に1つの収入が大きく減少しても生活を立て直しやすいのがメリットです。

フリーランス/個人事業主の方

LINEで税金/節税💰のストレス解消します!

オトクな最新情報を週2配信📱!

\10秒で簡単🎶 登録者1万人超!/

フリーランス/個人事業主へ!

LINEで税金/節税の悩み解消!

最新情報を定期配信📱!

\10秒で簡単🎶 登録者1万人超!/

フリーランスになるメリットについて

フリーランスになることには、さまざまなメリットがあります。以下では、フリーランスのメリットについて解説します。

フリーランスは自分のスタイルで働きやすい

フリーランスは自分で仕事を選び、自由なタイミングで働けるのがメリットです。自分らしい労働スタイルを追求できるため、ストレスを少なくして自分の実力を発揮しやすくなります。会社に所属して働くことが自分にあわないと思うのなら、フリーランスに転身することも検討されるでしょう。

フリーランスとしての成果が年収につながる

フリーランスとして働いた成果が、そのまま年収につながる点もメリットです。努力した分年収が増えるため、仕事のモチベーションを維持しやすいでしょう。

社会の変化に合わせて働きやすい

フリーランスは社会の大きな変化にも対応しやすいため、柔軟に仕事ができる点もメリットになります。例えばコロナウイルスの影響でリモートワークが必要になった際にも、フリーランスはスムーズに在宅で働けました。社会が大きく変わる際には、その流れにあわせて働き方を変容していくことがフリーランスとして活動する際のポイントです。

フリーランスになる際のデメリットとは

フリーランスになる場合、デメリットを把握しておくことも大切です。以下ではフリーランスになるデメリットについて解説します。

年収の額が安定しない

フリーランスは収入が安定しないことも多く、年収にばらつきが出るケースもあります。年収が高いと翌年の税金も増額となるため、収入が少ない時期に当たると負担が大きくなるデメリットが考えられます。年収が高かったからといって安易に生活レベルを引き上げず、年収が低くなる可能性を考慮して貯蓄や節税といったお金の知識を身に付けるのがおすすめです。

すべての作業を自分で行う必要がある

フリーランスは仕事だけでなく、あらゆる事務作業も自分で行う必要があります。請求書の管理、経費の計算、確定申告の準備など、さまざまな事務作業に追われることになると想定されます。専門知識を持つ人に事務作業を任せられない点も、フリーランスのデメリットの1つです。

フリーランスになるには成功するビジョンが必要

いきなりフリーランスになっても、すぐ案件が獲得できるわけではありません。事前にスキルアップや案件をもらえるクライアントとの関係性を築き、成功するビジョンを見出す必要があるでしょう。見切り発車でフリーランスになると、年収の低さなどから挫折の原因になるため注意が必要です。

まとめ

フリーランスの年収はばらつきがあり、能力や実績などによって大きく変わります。年収200〜400万円未満が多い傾向にありますが、働き方次第でそれ以上にも以下にもなる可能性があるでしょう。

フリーランスの年収相場を確認した上で、年収を高める方法を把握することがポイントです。フリーランスの年収を高める際には、出ていくお金を抑えるための節税なども重要となります。

やっぷん
  • フリーランスは、年収にばらつきが出やすいよ!
  • 自分の職種や、能力、実績を見極めたうえで自分の年収を高めていけるようにしようね!
  • フリーランスになるデメリットもしっかり把握してリスク管理をしておこうね!
監修者プロフィール

ペイトナー執行役員 邨山毅

立教大学経済学部卒。投資会社にて内部統制・米国新興事業の国内展開に従事。その後VOD運営会社にて経営戦略・機械学習・調達戦略領域の経験を経て、ペイトナー株式会社に入社。執行役員ファクタリング事業本部長として、ファイナンスサービスの運営及びフリーランスの与信構築全般を所掌している。

Xnote

フリーランス・個人事業主のあなたに💬

LINE友達限定で税金/節税/新法律/補助金etc...に関する

情報配信中!

最新情報GETで事業を伸ばそう

\簡単5秒で登録!/