フリーランスが納める税金とは?税金の種類やおすすめ節税方法を徹底解説

LINE限定の最新お役立ち情報配信中!

【実際のLINEトーク画面】

 \例:個人でも利用できる補助金の情報/   \例:期日系のリマインドも!/

LINE登録1万超!3秒で登録はこちら↓↓

フリーランスとして働く際には、税金に関する知識が必要不可欠です。どのような税金がかかるのか、どのように納付するのかを把握し、ミスがないように備える必要があるでしょう。

本記事ではフリーランスが支払う税金の種類や、簡単にできる節税方法を解説します。

やっぷん
  • フリーランスは、税金に関わる手続きを自分でしなければならないよ!
  • フリーランスが納める税金は主に4つ!
  • 業種や所得によって、税率や支払う税金が変わってくるから確認必須だよ!

LINE登録者7,000人超!

フリーランス/個人事業主

の味方💪

税金/節税/事業展開 etc…

LINEから最新知識や流行話題を

定期的にGET!

目次

フリーランスが支払う税金の種類と控除について

フリーランスとして働く場合、さまざまな税金を収める必要があります。事前に種類を把握し、毎年かかる納税額を計算しておくのも大切な業務です。

フリーランスが収める税金の種類
  1. 所得税
  2. 住民税
  3. 消費税
  4. 個人事業税

以下では、フリーランスが収める税金について、細かく紹介します。

所得税

所得税とは、フリーランスやサラリーマンが1年間の所得に対して支払う税金のことを指します。源泉所得税や源泉徴収税は、所得税の一種であり、年間所得が38万円を超えた場合には確定申告を行い、所得税を納める必要があります。所得税は、所得が高くなるほど税率が高くなる「累進課税制度」で運用されています。そのため収入が急激に上昇した翌年の所得税は、従来よりも高額になる可能性が高いです。

所得税の納付期限は、毎年2月16日から3月15日までです。1月1日から12月31日までの1年間に発生した所得を計算し、確定申告を行い、期限内に所得税を納税します。収入が急激に増加した場合、翌年の所得税は従来より高くなる可能性が高いため、資金不足にならないように注意が必要です。また、所得税の納税額は、所得税課税所得金額に税率を乗じた額から税額控除を差し引くことで求めることができます。所得税課税所得金額は、「売上」から「経費」と「控除」を差し引いた額であり、経費とは、事業を行うために必要な物品の購入代金や交通費などを指します。具体的な計算方法は以下の記事で紹介しています。併せてご覧ください。

所得税の所得控除


所得税の所得控除とは、所定の要件を満たす場合に、所得税の計算から一定額を差し引くことができる制度です。所得控除には以下のようなものがあります。控除の詳細は用語集にて紹介しています。併せてご覧ください。

▶︎所得控除の種類
  • 雑損控除
  • 医療費控除
  • 社会保険料控除
  • 小規模企業共済等掛金控除
  • 生命保険料控除
  • 地震保険料控除
  • 寄附金控除
  • 障害者控除
  • 寡婦控除
  • ひとり親控除
  • 勤労学生控除
  • 配偶者控除
  • 配偶者特別控除
  • 扶養控除
  • 基礎控除

住民税

住民税とは、自治体に納める税金の1種です。住民税は所得割(一律10%)+均等割によって計算され、自治体によって詳細が変わります。所得金額によって税率が変動しないため、所得税に比べると負担額が少ないものと言えます。住民税の支払い方法には、年1回(一括)か年4回(分割)の選択肢があります。一括納付の場合、支払い期限は6月末となります。分割納付を選ぶ場合は、6月末・8月末・10月末・1月末の4回に分けて納付します。また、住民税は収める金額が通知されるため、確定申告などで計算する必要はありません。住民税には、国民税と地方税が含まれています。住民税の控除については、以下のようなものがあります。

▶︎控除について
  1. 基礎控除
    • 全ての人に適用される控除で。2023年現在は所得が2,400万円以下の場合、43万円。
  2. 扶養控除
    • 配偶者や子どもなどの家族を扶養している場合に受けられる控除。16歳から18歳および23歳から69歳までの年齢層については、控除額は33万円。特定の扶養対象となる親族については、19歳から22歳までの者と70歳以上の老人については控除額が異なり、同居する老親等を除く70歳以上の老人扶養親族(その他)は38万円、同居する老親等は45万円となる。
  3. 特別控除
    • 高齢者や障害者、子育て世帯などの特別な状況にある人々が受けられる控除が特別控除。具体的には、高齢者控除、障害者控除、子育て世帯控除などがあります。
  4. 雑損控除
    • 不動産や有価証券の売却損失や災害による被害額などの損失を、所得税と同様に住民税の課税対象から差し引くことができる控除。
  5. 医療費控除
    • 医療費が一定の金額を超えた場合に、自分や扶養している家族の医療費について、一定額を控除することができる。
  6. 社会保険料控除
    • 健康保険や厚生年金保険などの社会保険料を支払った場合に、その一定額を住民税の課税対象から差し引くことができる控除。
  7. 小規模企業共済等掛金控除
    • 共済組合などに支払う掛金について、一定額を住民税の課税対象から差し引くことができる控除。
  8. 生命保険料控除
    • 自分が加入している生命保険料を一定額まで所得税の課税対象額から控除する制度。生命保険料控除の対象となるのは、被保険者本人またはその配偶者、子どもなどの扶養家族が加入した生命保険料で、控除額は支払った保険料の一部で、年間最大7万円まで。
  9. 地震保険料控除
    • 対象は、保険料を支払っている者またはその者と生計を一にしている配偶者その他の親族が所有している居住用建物・生活用動産を保険の対象とするものに限られている。保険料の上限は、1人あたり年間最大2万5千円、所得金額から差し引くことができる。

これらの控除には、細かな条件や算出方法があります。具体的には、住民税の納税者に届く「住民税の納付通知書」や「住民税の申告書」の説明書などを参照することが必要です。また、地方自治体によって異なる場合があるため、詳細については自分が居住する自治体の役所に問い合わせることをおすすめします。

消費税

消費税は、年間の売上が1,000万円を超えるフリーランスに納税義務が発生するものです。また、事業の中で課税対象となる商品やサービスを提供した場合には、その消費税も納税する必要があります確定申告と合わせて、消費税の申告と納税を忘れないようにしましょう。消費税は前年分を毎年3月31日までに納付することになっています。確定申告期間は毎年2月16日から3月15日ですので、期限が迫ってから確定申告を行って税額を算出した場合は、支払い期限は3月16日から3月31日となります。ただし、開業初年度の事業者や、基準期間または特定期間の課税売上高が1,000万円以下の事業者は、消費税の免税対象となります。消費税課税売上高が1,000万円以下の場合は消費税が免税となりますが、2023年度からはインボイス制度が導入されるため、消費税課税事業者でなければならないケースも出てくるかもしれません。消費税とインボイス制度に関しては、以下の記事で詳しく解説しています。併せてご覧ください。

消費税は他の税金より金額が大きくなりやすく、赤字でも支払わなければいけないため、資金繰りには注意が必要です。

個人事業税

個人事業税とは、法定業種に該当する事業を行いつつ、年間所得が290万円を超えた場合に支払う税金のことを指します。業種によって税率が変わるため、自分の事業が個人事業税の支払い対象になるのか確認しておく必要があります。個人事業税は、翌年8月末と11月末までに2分割して収める方法と、8月末までに一括で納付する方法が選べます。個人事業税は、次の計算方法で求めることができます。ただし、税率は業種によって異なり、3〜5%の税率が適用されるので、注意が必要です。

(課税所得 – 事業主控除)× 税率 = 個人事業税額

※課税所得 = 収入 – 経費 – 控除

※事業主控除: 290万円

まず、課税所得額は、他の税金と同様に「収入 – 経費 – 控除」で計算できます。控除には、事業主控除というものがあり、一律で290万円の控除が受けられます。したがって、課税所得が290万円以下の場合、個人事業税は実質的に免税となります。

法定業種の種類や税率は、東京都主税局のホームページなどで確認ができます。

社会保険料の支払いも必要

フリーランスは税金だけでなく、社会保険料の支払いも必要です。フリーランスは基本的に、国民健康保険と国民年金保険に加入しなければなりません。そのほか、将来に備えて各種保険に加入する場合には、その分の支払いも計算に入れます。また、国民健康保険や国民年金保険などの社会保険は、全額が社会保険料控除として申請できます。健康保険と年金はフリーランスが個人で全額を支払うため負担が大きいですが、その分控除として活用可能です。

以下の記事では、フリーランスの保険料について解説しています。保険料がいくらかかるか興味のあるフリーランスの方は是非ご覧ください。

フリーランスができる簡単な節税方法

フリーランスはさまざまな方法で、簡単な節税が可能です。普段から節税を意識して行動できれば、収める税金を必要最小限に抑えられるでしょう。以下では、フリーランスができる簡単な節税方法を解説します。

青色申告特別控除を活用する

フリーランスは確定申告を青色申告で実施することで、「青色申告特別控除」が受けられます。最大で65万円の控除になるため、フリーランスになるのなら青色申告の活用がおすすめです。青色申告特別控除を受けるには、事前の申請や複式簿記による帳簿が必要などの条件があります。通常の申請よりも手間がかかるため、青色申告のやり方について調べておくと良いでしょう。

必要経費を見直す

フリーランスは事業に必要な経費を計上して、所得から差し引く形で節税が可能です。事業に使った通信費、消耗品費、手数料、接待交際費などを見直して、経費として計上することも節税方法の1つです。自分の事業にどんな経費がかかっているのか改めて確認し、計上できるものは逃さないように管理しましょう。

小規模企業共済などの掛金を控除する

小規模企業共済やiDeCoなどの掛金は、全額が控除対象になります。フリーランスにはない退職金や厚生年金の代わりとして、各種制度の活用が検討されるでしょう。将来に備えて小規模企業共済やiDeCoに申し込み、その掛金を控除にすることで二重のメリットが得られます。以下の記事では、フリーランスの節税方法についてさらに解説しています。詳しく知りたいという方は、以下の記事をご覧ください。

フリーランスは確定申告で税金を計算する

フリーランスは毎年の確定申告で、収める税金の計算をします。確定申告はフリーランスになった場合ほぼ必ず行うことになるため、詳細を確認しておく必要があります。

フリーランスの確定申告とは

確定申告とは1年間の所得を計算し、所得税を計算して納付する手続きです。確定申告は毎年2月16日〜3月15日に実施され、期間中に必要な書類の準備と提出を実施します。

確定申告は税務署に直接持ち込む以外にも、郵送、e-Taxによる電子申請などの方法があります。少しでも手間を省くためにも、郵送や電子申請による申告がおすすめです。

フリーランスは確定申告が必須?

フリーランスは会社員と異なり、年末調整などが実施されません。事業内容によっては源泉徴収もされないため、確定申告が必須となるケースが多いです。

事前に取引先に源泉徴収されている場合、確定申告で申請することで還付金を得られる可能性もあります。納税とは逆にプラスになるケースも考えられるため、毎年きちんと確定申告は済ませましょう。

フリーランスが税金を納める際の注意点

フリーランスが税金を納める際には、いくつかの注意点があります。

以下では、フリーランスが注意すべき納税時のポイントを解説します。

無申告加算税と延滞税に注意する

確定申告の期間に申請ができないと、納税額にプラスして「無申告加算税」がかかります。50万円までは10%、50万円を超えた部分に関しては15%の税率がかかるため、期間を過ぎての申告には大きなリスクが伴います。税務署から指摘される前に申告した場合には、税率は5%になります。

また、確定申告の期限から納付日までを計算した「延滞税」もかかる点に注意が必要です。延滞税は2か月までは7.3%か特例基準割合+1%のうち低い方、2か月以上の場合は14.6%か特例基準割合+7.3%のうち低い方が適用されます。

予定納税の可能性も考慮する

翌年の納税額が15万円以上になる場合、予定納税で所得税を事前に納付する必要があります。予定納税は3回に分けて所得税を納付する制度で、確定申告のほかに7月と11月に納付するタイミングが設けられます。

事前に納付額が通知されるため、予定納税の対象となった場合には納付を忘れないように注意しましょう。予定納税の支払いが難しい場合には、減額申請をすることで納税額を変更できる可能性があります。

ペイトナー公式LINEでは、年収から手取り額のシュミレーションができます。併せて支払う税金の案内もしていますので是非お試しください。

まとめ

フリーランスとして働く場合も、さまざまな税金がかかります。これらの多くは自分自身で申告、計算、納税しなければなりませんので、フリーランスになる際には税金に関する幅広い知識が求められます。納税を怠ると追加徴税などのペナルティが課される可能性があるため、生活に大きな負担がかかることになります。正しい納税方法を確認し、税金による損失を防ぐために準備しましょう。

やっぷん
  • フリーランスは、税金に関わる手続きを自分でしなければならないよ!
  • フリーランスが納める税金は主に4つ!
  • 業種や所得によって、税率や支払う税金が変わってくるから確認必須だよ!
監修者プロフィール

ペイトナー執行役員 邨山毅

立教大学経済学部卒。投資会社にて内部統制・米国新興事業の国内展開に従事。その後VOD運営会社にて経営戦略・機械学習・調達戦略領域の経験を経て、ペイトナー株式会社に入社。執行役員ファクタリング事業本部長として、ファイナンスサービスの運営及びフリーランスの与信構築全般を所掌している。

Xnote

フリーランスとして働く際には、税金に関する知識が必要不可欠です。どのような税金がかかるのか、どのように納付するのかを把握し、ミスがないように備える必要があるでしょう。

本記事ではフリーランスが支払う税金の種類や、簡単にできる節税方法を解説します。

やっぷん
  • フリーランスが支払う税金の種類は主に『所得税、住民税、消費税、個人事業税』などがあるよ!
  • フリーランスは社会保険料も支払う必要があるから注意!
  • 節税方法として、掛金の控除や青色申告特別控除、必要経費の見直しがおすすめ!

📣インボイス資料GET!!📣

今できることは?!

LINEで全37Pの説明資料をゲットしよう!

資料のほか、お役立ち最新情報【週2回】定期配信中!

インボイス資料GET📣

今できることは?!

LINEで全37Pの資料をゲット

フリーランスが支払う税金の種類

フリーランスとして働く場合、さまざまな税金を収める必要があります、事前に種類を把握し、毎年かかる納税額を計算しておくのも大切な業務です。以下では、フリーランスが収める税金の種類を紹介します。

税金の種類①所得税

所得税とは、年間の所得に課される国税のことを指します。年間所得が38万円を超えた場合には、確定申告をして所得税を納める必要があります。所得税は、所得が高くなるほど税率が高くなる「累進課税制度」で運用されています。そのため収入が急激に上昇した翌年の所得税は、従来よりも高額になる可能性が高いです。

税金の種類②住民税

住民税とは、自治体に納める税金の1種です。住民税は所得割(一律10%)+均等割によって計算され、自治体によって詳細が変わります。

事前に自分の暮らす自治体に住民税の詳細を確認し、計算式を明確にするのも重要です。一方で、住民税は収める金額が通知されるため、確定申告などで計算する必要はありません。

税金の種類③消費税

年間の売上が1,000万円を超えるフリーランスは、事業のなかで得た消費税も納税する必要があります。確定申告と合わせて、消費税の申告と納税を忘れないようにしましょう。売上が1,000万円を超えない場合には不要となるため、フリーランスになったばかりの時期には納税の義務がないケースがほとんどです。

税金の種類④個人事業税

法定業種に該当する事業を行いつつ、年間所得が290万円を超えた場合に支払う税金を個人事業税と呼びます。業種によって税率が変わるため、自分の事業が個人事業税の支払い対象になるのか確認しておく必要があります。

法定業種の種類や税率は、東京都主税局のホームページなどで確認ができます。

社会保険料の支払いも必要

フリーランスは税金だけでなく、社会保険料の支払いも必要です。フリーランスは基本的に、国民健康保険と国民年金保険に加入しなければなりません。そのほか、将来に備えて各種保険に加入する場合には、その分の支払いも計算に入れます。

フリーランスの税金を減らすための控除

フリーランスが収める税金は、控除によって減額できます。控除の種類や金額を計算することも、税金を収める際に重要な知識です。以下では、フリーランスが活用できる控除の種類について解説します。

社会保険料は全額が社会保険料控除の対象に!

国民健康保険や国民年金保険などの社会保険は、全額が社会保険料控除として申請できます。健康保険と年金はフリーランスが個人で全額を支払うため負担が大きいですが、その分控除として活用可能です。また、家族の社会保険料も支払っている場合には、その分も全額控除できます。

配偶者がいる場合には配偶者控除が利用可能

配偶者の年収が48万円、給与所得者は103万円以下の場合には、配偶者控除が適用されます。配偶者と共働きをする場合には、配偶者控除を意識して収入をコントロールするのもポイントです。

フリーランスにおすすめの節税方法

フリーランスはさまざまな方法で、簡単な節税が可能です。普段から節税を意識して行動できれば、収める税金を必要最小限に抑えられるでしょう。以下では、フリーランスができる簡単な節税方法を解説します。

青色申告特別控除を活用する

フリーランスは確定申告を青色申告で実施することで、「青色申告特別控除」が受けられます。最大で65万円の控除になるため、フリーランスになるのなら青色申告の活用がおすすめです。

青色申告特別控除を受けるには、事前の申請や複式簿記による帳簿が必要などの条件があります。通常の申請よりも手間がかかるため、青色申告のやり方について調べておくと良いでしょう。

必要経費を見直す

フリーランスは事業に必要な経費を計上して、所得から差し引く形で節税が可能です。事業に使った通信費、消耗品費、手数料、接待交際費などを見直して、経費として計上することも節税方法の1つです。自分の事業にどんな経費がかかっているのか改めて確認し、計上できるものは逃さないように管理しましょう。

小規模企業共済などの掛金を控除する

小規模企業共済やiDeCoなどの掛金は、全額が控除対象になります。フリーランスにはない退職金や厚生年金の代わりとして、各種制度の活用が検討されるでしょう。将来に備えて小規模企業共済やiDeCoに申し込み、その掛金を控除にすることで二重のメリットが得られます。

フリーランス/個人事業主の方

LINEで税金/節税💰のストレス解消します!

オトクな最新情報を週2配信📱!

\10秒で簡単🎶 登録者1万人超!/

フリーランス/個人事業主へ!

LINEで税金/節税の悩み解消!

最新情報を定期配信📱!

\10秒で簡単🎶 登録者1万人超!/

フリーランスの確定申告と税金計算

フリーランスは毎年の確定申告で、収める税金の計算をします。確定申告はフリーランスになった場合ほぼ必ず行うことになるため、詳細を確認しておく必要があります。

フリーランスの確定申告とは

確定申告とは1年間の所得を計算し、所得税を計算して納付する手続きです。確定申告は毎年2月16日〜3月15日に実施され、期間中に必要な書類の準備と提出を実施します。確定申告は税務署に直接持ち込む以外にも、郵送、e-Taxによる電子申請などの方法があります。少しでも手間を省くためにも、郵送や電子申請による申告がおすすめです。

フリーランスは確定申告が必須となるケースが多い

フリーランスは会社員と異なり、年末調整などが実施されません。事業内容によっては源泉徴収もされないため、確定申告が必須となるケースが多いです。事前に取引先に源泉徴収されている場合、確定申告で申請することで還付金を得られる可能性もあります。納税とは逆にプラスになるケースも考えられるため、毎年きちんと確定申告は済ませましょう。

フリーランスが税金納付時の注意点

フリーランスが税金を納める際には、いくつかの注意点があります。以下では、フリーランスが注意すべき納税時のポイントを解説します。

無申告加算税と延滞税に注意!

確定申告の期間に申請ができないと、納税額にプラスして「無申告加算税」がかかります。50万円までは10%、50万円を超えた部分に関しては15%の税率がかかるため、期間を過ぎての申告には大きなリスクが伴います。税務署から指摘される前に申告した場合には、税率は5%になります。また、確定申告の期限から納付日までを計算した「延滞税」もかかる点に注意が必要です。延滞税は2か月までは7.3%か特例基準割合+1%のうち低い方、2か月以上の場合は14.6%か特例基準割合+7.3%のうち低い方が適用されます。

予定納税の可能性も考慮する

翌年の納税額が15万円以上になる場合、予定納税で所得税を事前に納付する必要があります予定納税は3回に分けて所得税を納付する制度で、確定申告のほかに7月と11月に納付するタイミングが設けられます。事前に納付額が通知されるため、予定納税の対象となった場合には納付を忘れないように注意しましょう。予定納税の支払いが難しい場合には、減額申請をすることで納税額を変更できる可能性があります。

まとめ

フリーランスとして働く場合にも、様々さまざまな税金がかかります。その多くを自分自身で申告、計算、納税しなければならないため、フリーランスになる際には税金に関する深い知識が求められるでしょう。納税を怠ると追加徴税などのペナルティの対象となるため、生活に大きな負担がかかります。正しい納税方法を確認し、税金で損をしないように備えましょう。フリーランスとして税金の知識およびお金にまつわる知識を身に付けるには、さまざまな方法があります。「ペイトナー」も公式LINEを活用して、フリーランスに役立つお金の知識を多数公開しています。実践的な知識を豊富に提供しているため、多くのシーンで活用できるでしょう。ぜひこの機会にペイトナーの公式LINEを登録して、お金の知識を身に付ける方法として利用してみてください。

やっぷん
  • フリーランスが支払う税金の種類は所得税、住民税、消費税、個人事業税などがあるよ!
  • フリーランスは社会保険料も支払う必要があるから注意!
  • 節税方法として、掛金の控除や青色申告特別控除、必要経費の見直しがおすすめ!

【LINE登録者1万人超!】

フリーランス/個人事業主の味方💪

税金/節税/事業展開 etc…

LINEから最新知識や流行話題を定期的にGET!

\週2配信!5秒で登録🎶/

LINE登録者1万人超!

税金/節税/事業展開 etc…

LINEから最新知識を定期的にGET!

週2配信!5秒で登録🎶

監修者プロフィール

ペイトナー執行役員 邨山毅

立教大学経済学部卒。投資会社にて内部統制・米国新興事業の国内展開に従事。その後VOD運営会社にて経営戦略・機械学習・調達戦略領域の経験を経て、ペイトナー株式会社に入社。執行役員ファクタリング事業本部長として、ファイナンスサービスの運営及びフリーランスの与信構築全般を所掌している。

Xnote

フリーランス・個人事業主のあなたに💬

LINE友達限定で税金/節税/新法律/補助金etc...に関する

情報配信中!

最新情報GETで事業を伸ばそう

\簡単5秒で登録!/