フリーランスの不安とは?不安定な収入や、将来への不安などのリスクを解消する方法も紹介!

LINE限定の最新お役立ち情報配信中!

【実際のLINEトーク画面】

 \例:個人でも利用できる補助金の情報/   \例:期日系のリマインドも!/

LINE登録1万超!3秒で登録はこちら↓↓

フリーランスは、収入が不安定なことや、経理をすべて自分でしなくてはならないことから、不安を抱えやすいと言えます。また、昨今はさまざまな業種においてフリーランスとして働く人がいますが、業種や待遇、年齢が幅広いために「絶対的な正解」がなく、不安への対処法を見出しにくいのが現状です。

そこで本記事では、フリーランスが抱えがちな11の悩みと、その解決策を徹底解説します。今まさに不安を抱えているフリーランスはもちろん、これから独立・脱サラしてフリーランスになる方も、ぜひ最後までご覧ください。

やっぷん

フリーランスは、将来や人間関係のことで不安を持ってる人が多いよ!

中でも特にお金に関する不安は、継続した資産形成・節税が肝心

コミニュケーションをとって一つずつ悩みを解決していこうね!

この記事のまとめ
  • 不安解消には「将来設計」「他者とのコミュニケーション」「資産形成・運用」などが効果的
  • 業種によってはひとりで不安を抱え込みやすいフリーランスは、他者との関わりを積極的に行うことが大切
  • 金銭面の不安が多いため、継続的な資産形成と、資産運用や節税などに関する学習はとても重要

LINE登録者7,000人超!

フリーランス/個人事業主

の味方💪

税金/節税/事業展開 etc…

LINEから最新知識や流行話題を

定期的にGET!

①仕事がない暇な日が続く

独立したばかりのフリーランスや、10年前後事業を行ってきたフリーランスにありがちなのが「仕事がない」「暇」といった不安を抱えるケースです。そもそもフリーランスは、自分で営業をして仕事を獲得しなくてはなりません。

営業がうまくいかなかったり、既存の仕事が打ち切りになったりして暇な日々が続き、強い不安を感じるフリーランスは非常に多いでしょう。また、実績やスキルが無く、仕事がなくなったフリーランスにとって、新規案件を獲得するのは簡単なことではありません。仕事がない日々が続き、営業を断られる経験が積み重なると、精神的に追い詰められてしまいます。

貯蓄をしっかりして、人脈を築くべし

まずは、独立までにある程度の貯蓄を作りましょう。具体的な目安は「生活費半年分」や「会社員時代の額面給料半年分」です。半年間無収入で耐えられるだけの貯蓄があれば、万が一病気やケガをした場合でも、落ち着いて対処できます。また、収入が減っても精神的な余裕を持ちやすく、落ち着いて対処しやすくなるでしょう。

そして、人脈を築いておくことも重要です。スキルや経験も重要ですが、依頼してくれる人との関係を築けていなければ、依頼を獲得できません。磨き上げたスキルや経験を活かすために、人脈を大切にしていくことが重要です。

②収入が不安定

収入が不安定なのは、フリーランスが抱える代表的な悩みです。会社員と異なり「固定給」のないフリーランスは、毎月の収入が増減しやすく、「いつか収入が0になるのでは」など不安になりやすい傾向があります。

収入が減る不安から依頼を断れず、働き過ぎて体調を崩してしまうフリーランスも少なくありません。収入の不安定さに耐えられず、会社員に戻るフリーランスもいます。

資産を継続的に増やし、取引先の数を増やすべし

不安定な収入を避けたい場合は、「定額貯金」や「積み立て投資」で継続的に資産を増やすのがおすすめの解決策です。資産を長期的に増やし続ければ、精神的な余裕が増すだけでなく、収入が大幅に減った際も余裕を持って立て直せます。

そして、1つの取引先に依存しない体制を整えましょう。例えば、3社と取引をして20万円稼いでいるフリーランスと、8社と取引をして20万円稼いでいるフリーランスでは、8社取引の方が1社に対する依存度が低いと言えます。複数社からバランスよく報酬を得ている場合、1社から取引を切られても収入全体に対する影響が少なく、収入が増減しにくいのです。

③将来が見通せない

フリーランスを長期的に続けると、不安定な日々を過ごす中で「いつになったら安定するのか」と将来が不安になることもあります。数年間にわたって同じような業務をこなし続けている場合も、成長が感じられずに将来への不安を感じやすいです。

業種によってはプライベートでの人間関係が形成しにくいことも多く、そうした場合には「結婚」「出産」「老後」などのライフプランが描きにくいことから、将来が見通せないと感じることもあるでしょう。

こうした将来への不安は、さまざまな局面においてフリーランスを苦しめる要素になります。

人生設計を考える時間を作るべし

まずは、自らの理想的な人生設計を考えるのが、不安解消への糸口です。

漠然とした将来設計は不安に繋がり、漠然とした不安は大きなストレスへと波及します。そのため、「自分は結婚や子育てをしたいのか」「40代、50代でどうなっていたいのか」「老後はどの程度の生活レベルで過ごしたいのか」などの人生設計を明確にしましょう。また、「今の業務を続けたら将来どうなるか」と「理想的な未来を現実にするために今どうすべきか」といった双方向から考えることも重要です。「理想的な未来を実現するために逆算する」視点だけだと、現状からかけ離れた目標設定をしてしまうことが少なくありません。

双方向から考えることで、現実的な行動目標を設定しやすくなり、過度に頑張りすぎずに将来への不安を解消できます。

LINE登録者7,000人超!

フリーランス/個人事業主

の味方💪

税金/節税/事業展開 etc…

LINEから最新知識や流行話題を

定期的にGET!

④年金など、老後が心配

厚生年金を支払わないフリーランスは、老後にもらえる年金額が会社員より少なくなります。具体的には、会社員が月額15万円程度もらえるのに対して、国民年金のみのフリーランスがもらえるのは6万円程度で、倍以上の差が発生するのです。

また、収支に余裕のないフリーランスは思ったように貯金ができず、老後への不安が大きくなりがちです。さらに、会社員のように勤務時間が決まっていないので、不健康な生活が続いてしまうこともあります。

こうした健康上の問題も、老後への不安が大きくなる要因のひとつです。

老後資産形成についての知識を増やすべし

老後への不安に対しても、まずは明確な人生設計をすることが重要です。「老後2,000万円問題」などのキーワードを聞いたことがあっても、具体的に将来いくら必要なのかを細かく計算したことがないフリーランスは多いかと思います。老後に必要な資産額と現在の貯蓄状況などを照らし合わせれば、今やるべき事も明確となり、老後への不安が軽減するでしょう。

また、iDeCoなどの老後資産形成に関する知識を増やすことも重要です。老後に関する不安の多くは、お金に関連する問題からきていることが少なくありません。効率よく老後資産を形成できれば、不安の大部分を解消することができるでしょう。

昨今は資産形成に関する書籍やメディア記事も数多くありますので、ご自身が学習しやすい形で情報収集をしてみてください。

⑤家族に心配をかけ続けている

フリーランスであることに対して、家族が心配し続けている方もいるでしょう。「彼氏・旦那・夫+フリーランス+不安」というキーワードでの検索数はとても多く、家族がフリーランスであることに対して不安を感じている方は一定数いると言えます。

また、収入が安定しないことに対して、家族からの理解が得られない方も少なくないでしょう。「フリーランスをやめて、安定した職に就いて欲しい」と家族に言われるケースもあり、そうしたことがきっかけでフリーランスでの事業をやめる方もいるでしょう。

話し合って、最適な働き方を見つけるべし

家族やパートナーを不安にさせてしまっている場合は、まず話し合いの時間を設けましょう。話し合わないまま不安を感じ続けさせると、膨れ上がった不安が爆発して大きな対立を生んでしまう可能性があります。そのため、できる限り早い段階で「どのような事業をしているのか」「現在の収支はどの程度なのか」「将来的なプランはどう考えているか」などを話し合うのがおすすめです。

そして、現実的な妥協点を探す努力も必要です。もし、今現在ほぼ収入がなかったり、手取り月収10万円を切るような状況の場合、家族の不安を解消することは難しいでしょう。人によって会社員としての働き方が適している方もいれば、フリーランスが適している方、アルバイトやパートが適している方など適性は様々です。

フリーランスが最適な働き方なのかといった点を含めて、様々な選択肢を検討するのも不安解消のためには大切です。

⑥仕事がなくなる心配から、依頼を断れない

「一度断ったら依頼がこなくなるのではないか」といった不安から、依頼を断れずに限度を超えた働き方をしてしまうフリーランスも多くいます。休日があるのが怖いと考え、年中無休で働いていることで安心が得られる方もいるようです。

しかし、限度を大幅に超えた働き方を長期間続ければ、いつか身体的に限界を迎えてしまいます。限界まで働いて体調を大きく崩せば、長期的に仕事を休まざるを得なくなることもあり、こうした働き方はおすすめできるものではありません。

余裕を持って仕事の計画を立てるべし

まずは、仕事量の上限を決めましょう。「上限を決めずにがむしゃらに働く」のが美学とされがちですが、限界を超えた働き方はパフォーマンスを落とし、結果的に成長を阻むことにも繋がります。

自分のキャパシティを理解した上で、休日の数や一日にこなすタスクの上限を設定し、それを大きく超えた依頼は引き受けないようにしてください。また、「この締め切りでは受けられない」といったケースに「納期延長」で対応できるように、全体的なスケジュール組みに余裕をもたせるのもおすすめです。

日々のタスク量を数%だけ減らし、全体的なスケジュール感にゆとりをもたせると、突発的な依頼に対して納期を調整して対応しやすくなります。

⑦確定申告や節税の知識がない

税金の仕組みや計算は複雑なものが多く、よく理解していない方も多いでしょう。昨今は確定申告ソフトが発達したため、手続き自体は行えている方がほとんどですが、今のやり方で本当に正しいのか自信がない方も多いのではないでしょうか。

また、節税をしたくても正しいやり方が分からないといった悩みを抱えるフリーランスもいます。自分の工夫次第でさまざまな節税を行えるのがフリーランスの強みですが、その強みをいかせないこともあるでしょう。

LINE登録者7,000人超!

フリーランス/個人事業主

の味方💪

税金/節税/事業展開 etc…

LINEから最新知識や流行話題を

定期的にGET!

税金についての基礎知識を学ぶべし

昨今はフリーランス向けの税金・節税本が複数あるので、まずは1冊購入するのがおすすめです。ネットにも情報はたくさんありますが、「節税」「確定申告」「納税方法」など要件ごとに調べねばならないケースが多く、基礎知識を学ぶには手間がかかります。

税金関連の情報がまとまった本を1冊購入しておけば、必要最低限の基礎知識を身につけることができるでしょう。そして、基礎知識を身につけたらネットを活用して、自分が知りたいことに関する理解を深めましょう。

税金関連の決まりは年度毎の変更も多いので、本では情報が古いことがあります。ネットは「令和〇年最新」のように適宜情報が更新されているページがあるため、最新情報を得やすいのがメリットです。

特に控除関連は頻繁に変更されるので、ネットを活用して最新情報を得るようにしてください。

⑧社会的な信用が得られない

クレジットカード審査や賃貸を借りる際の審査において、社会的信用度が足りずに審査落ちしてしまうフリーランスは多くいます。収入が不安定なフリーランスは、クレジット利用額や家賃の支払い遅延リスクが高いと考えられるため、審査に通りにくいのです。

以前に比べればフリーランスの社会的信用度は高くなったとされていますが、それでも会社員に比べれば非常に厳しい状況が続いています。社会的な信用が得られないと、自宅環境を整えにくくなったり、仕事用の高額な支払いがしにくくなったりして、事業に直接影響が出ることもあります。

具体的な解決策を講じるべし

社会的な信用を高めるためには、「事業年数を重ねる」「法人化する」といった2つの解決策が考えられます。まず、長く安定して事業を営んでいれば、社会的な信用は高まります。

各種審査においても、これまでの実績を証明できれば審査に通る可能性は高いです。即効性のある解決策ではありませんが、長期的に安定して事業を営むのは、社会的信用を得るために必要不可欠と言えます。

そして、法人化するのは比較的即効性のある解決策です。年収が800万円を超えたフリーランスは、法人化をした方が税金面でも有利になるケースがあります。法人は社会的信用も得やすいので、年間800〜1,000万円程度を安定して稼げているフリーランスは、法人化を検討するのもおすすめです。

⑨人付き合いが極端に減った

フリーランスは基本的に特定の職場がないので、人付き合いが減ってしまう方も少なくありません。特に、ライターやエンジニア、イラストレーターなど、取引先と対面で会話する必要のない業種の場合、会社員時代と比べて人付き合いが大幅に減ってしまうことがあるでしょう。

人付き合いが減ると、「孤独感」や「漠然とした将来への不安」などを感じることも増え、長期化するほど大きな不安を抱えてしまうこともあります。

さまざまな方法で人脈を作るべし

最も簡単なのは、SNSやオンラインサロンなどを利用して、同じ境遇の方とのつながりを増やすことです。特にオンラインサロンは、「ライター向け」「エンジニア向け」のように特定業種を対象としたものも多く、同じ境遇の人との関わりを作りやすいでしょう。また、SNSでもそれぞれの業種ごとに関わりを持ちやすく、SNSを通して仕事を獲得できることもあります。

加えて、仕事上の関わりを増やすのに気乗りしない方は、趣味を持って趣味関連の人脈を広げるのがおすすめです。趣味関連であれば匿名SNSで人脈を築きやすいため、仕事と切り離して気楽に付き合える友人を増やせるでしょう。趣味に関する楽しみ方が広がれば、仕事の気分転換もしやすくなり、公私ともに充実した生活を送りやすくなります。

⑩条件交渉ができず、単価が上がらない

「単価を上げると、依頼がなくなるかもしれない」という不安から条件交渉ができず、単価が上がらない問題を抱えるフリーランスもいます。事業年数が長い方ほど、単価が上げられず悩むことは増えるでしょう。

単価が上げられないと「いつまでも頑張り続けなくてはいけない」ストレスを感じやすくなります。昇級制度のないフリーランスは、自ら動かなければ報酬額が増えず、むしろ減る可能性が高いので、条件面でのストレスは会社員よりも感じやすいのが現状です。

余裕を持って仕事に取り組めるようにすべし

まずは、取引先と依頼数を増やしましょう。条件交渉ができない原因は、断られるかもしれない不安です。この不安を減らすためには、「これを断られたら収入が大きく減る」というリスクを極限まで抑えることが重要です。

そのためには、取引先と依頼数を増やして、1社への依存度を下げるのが効果的です。1社ごとの依存度を下げれば、交渉して断られたとしても大きなダメージにならないため、精神的に余裕を持って条件交渉に臨めます。

また、単価目標を作るのもおすすめです。単価を上げるのが苦手なフリーランスは、明確な数値目標を設けていないことがあり、今ある仕事を惰性で続けているケースが少なくありません。目標がなければ、条件交渉をしなくても済みますが、スキルアップやキャリアアップもしにくくなってしまいます。

そのため、具体的な数値目標を設定して、それに見合ったスキルを身につけたり、条件交渉をしていきましょう。

⑪依頼対応に精一杯で、スキルアップできていない

制限なくがむしゃらに働けるのはフリーランスのメリットですが、依頼をこなすことに精一杯で、スキルアップに充てる時間がない方もいるでしょう。業務をしていく中で得られるスキルもありますが、その多くは新たなスキルではなく効率化の知識や経験で、新しいスキルが得られるのはまれです。

スキルアップできていない期間が長期間になると、いつの間にかスキルのある若手に仕事を奪われてしまうかもしれません。

スキルアップも業務の一つだと考えるべし

スキルアップができていない状況が続いている方は、スキルアップも業務としてスケジューリングするのがおすすめです。個人的な用事は後回しにしがちですが、スキルアップは会社員における「研修」と同じもので、私用ではなく業務として捉えるのが適切です。

スキルアップをすれば、既存の顧客へさらによいサービスを提供でき、対応できる案件も増えるので、自分・取引先どちらにもメリットがあります。そのため、1日もしくは1週間あたりでスキルアップに充てる時間を決めて、その時間は他の依頼と同様に「業務」として扱うようにしましょう。

また、どのようにスキルアップするかの詳細な計画を練るのも重要です。本を買っただけや、講座に申し込んだだけでは、目標があいまいで取り組むモチベーションも低下しやすくなります。

「これをしたら、どのように成長できるのか」「どのように学習を進めるか」などを詳細に考えて、計画に落とし込み、実行する必要があるのです。そのためには、月1回程度はスキルアップに関して考える時間を設けるのが良いでしょう。

自分の将来について深く考える時間を設けることは、漠然とした不安を解決することにも繋がります。

LINE登録者7,000人超!

フリーランス/個人事業主

の味方💪

税金/節税/事業展開 etc…

LINEから最新知識や流行話題を

定期的にGET!

まとめ

フリーランスは、経理や営業、そして事業運営のすべてをひとりで行うため、さまざまな不安を感じやすい働き方です。特に他者との関わりが希薄になりがちな業種は、不安をひとりで抱え込んでしまいやすく、精神的な不調に繋がることもあります。

本記事では11のよくある悩みと解決策を解説しましたが、このほかにも数多くの悩みや解決策がありますので、ぜひ一人で抱え込まず、周囲の人や専門家に相談しましょう。

この記事が、フリーランスの方の不安解消に役立てば幸いです。

やっぷん

フリーランスは、将来や人間関係のことで不安を持ってる人が多いよ!

中でも特にお金に関する不安は、継続した資産形成・節税が肝心

コミニュケーションをとって一つずつ悩みを解決していこうね!

この記事のまとめ
  • 不安解消には「将来設計」「他者とのコミュニケーション」「資産形成・運用」などが効果的
  • 業種によってはひとりで不安を抱え込みやすいフリーランスは、他者との関わりを積極的に行うことが大切
  • 金銭面の不安が多いため、継続的な資産形成と、資産運用や節税などに関する学習はとても重要
監修者プロフィール

ペイトナー執行役員 邨山毅

立教大学経済学部卒。投資会社にて内部統制・米国新興事業の国内展開に従事。その後VOD運営会社にて経営戦略・機械学習・調達戦略領域の経験を経て、ペイトナー株式会社に入社。執行役員ファクタリング事業本部長として、ファイナンスサービスの運営及びフリーランスの与信構築全般を所掌している。

Xnote

フリーランス・個人事業主のあなたに💬

LINE友達限定で税金/節税/新法律/補助金etc...に関する

情報配信中!

最新情報GETで事業を伸ばそう

\簡単5秒で登録!/